ブーケ作家【一花千】

ウエディングブーケ/持込みブーケ専門/会場装花/フラワーレッスン/クラフトレッスン

ウエディングブーケ生花/持込みブーケ専門店【一花千】会場装花/フラワーレッスン/クラフトレッスン

フラワーレッスン・クラフトレッスン|生活に彩りを加えるアートを。

一花千のブログです
花嫁さまから頂いたメールをご紹介
幸せブーケ写真集


サボンドゥフルールを始めて見て触れた方のほとんどが
「えっツ! これが石鹸なの?」
「想像と違う! 思っていたより柔かくて温かみが有って艶やかで、優しい印象ですね~」
とお話し下さいます


石鹸素材のフレグランスアートフラワーの世界は始まったばかりです
まだまだ、知る人が少ないのではないでしょうか…

『サボンドゥフルール』 は 『フラワーソープ』 とも呼ばれています


ブーケ作家  一花千 は
この新しい石鹸素材のアートフラワーを、いち早くブライダルブーケの分野へ取り入れ
魅力と可能性を引き出し、フレグランスブーケとして
その位置づけを高いものへと導きました

生花の温かみと躍動感
造花の長い楽しみ
プリザーブドフラワーの雑貨感覚

そして何より。。アロマの香りが安らぎへ


様々な要素を兼ね備えた石鹸素材のアートフラワーは
新しいフラワーアートとしての扉を開けたばかりです











サボンドゥフルール って?

サボンドゥフルールとは、石鹸素材で作られた今までにない新しいテクスチャーのフレグランスアートフラワー〝石鹸素材の造花〟です。「フラワーソープ」とも呼ばれています。

石鹸としての機能が目的ではなく、フラワーアレンジメントをする為に開発改良された物なので、石鹸ではなく造花です。
手加減で咲き加減を調節出来る事に大きな特徴がありますが、石鹸自体から花を作り上げていくソープカーピング類や、石鹸自体から作る花模倣類とは異なります。

素材の安全性を重視し、上質のクオリティーを作り出す様々な工夫が凝らされています。(国内基準で安全とされています)
香り・彩り・素材の持つ特徴を生かし、新たなアートとして創造と装飾性・可能性を持っています。

現在の所、花材はバラ・カーネーションです。

サボンドゥフルールの特徴

サボンドゥフルールの最大の特徴は、バラの咲き加減を調整出来ることです。
クリエイターの手により、バラのつぼみの状態や満開の状態を手加減で調整して表情を付けていきます。
また、優しいアロマの香りを持っていることも特徴です。
石鹸素材とは思えない柔らかな質感で、アレンジをする為に開発研究されたお花の為、アートフラワー等様々な素材とのコラボレーションを可能としています。

取り扱い注意点

暑い所や湿度の高い所、水の有る所に置くことは避けて下さい。
安心・安全な素材では有りますが、口に入れないようにして下さい。
石鹸素材で出来ていますが、洗濯・洗顔を目的とした物ではない為、洗濯・洗顔に使用しないで下さい。
直射日光・蛍光灯の直光に当てると色あせ・変色が加速します
だんだんと変色(若干の色抜け)はしますが、負荷を掛けない限り、花びらが崩れたりする事は稀です
香りの持続性は、環境にもよりますが約3ヶ月~半年間です

ブーケは?

結婚式で使ったブーケを残しておきたい…
前撮りにも使いたい…
海外挙式に持って行きたい…

こんな方には、是非お勧めさせて頂きたいと思います。(機内では手荷物扱いにされた方が安心です)
生花の様に枯れてしまうことは無く、布製造花よりも躍動感と温かみが有ります。

石鹸?というと、固くて重いと思われがちですが、柔かく軽いので、衝撃や振動による花こぼれは無く、持ち運びが楽です。

お問合せの多いプリザーブドフラワーブーケについては、プリザ加工の段階で色素を吸わせている為その色素がにじみ出る可能性が有り、レンタルドレスの方へはお勧めしておりませんでした。
また、花びらが崩れやすい、カビが生えやすい、薬品の匂いがする…といった問題点が有りました。

この新しいアートフラワー「サボンドゥフルール」はレンタルドレスでも大丈夫!花びらが崩れない!薬品の匂いではなく、アロマの香りがする!
劣化・色あせはしていきますが、その速度はゆっくりなので、逆に味の有る感じに風化していくようです。
ブーケのメイン花材はサボンドゥフルールのバラとなり、併せる素材は造花その他の資材になりますが、様々なバリエーション・表現を可能としています。
また、バラ1輪満開のボリューム感もある為、迫力と存在感を感じる事が出来ると思います。





サボンドゥフルールを満開に咲かせた状態
(満開直径70㎜~80㎜)

優しく蒸気をあて、咲き加減を調節していきます
≪現在の種類≫
Jシリーズ(メアリーローズ)10色
QJシリーズ14色
カーネーション9色
※新色・廃盤色が生じますので、お問合せ下さい


手加減で開花させることの魅力
季節により、多少の固い柔かいは有りますが、蒸気や軽い熱を加えて開花調整をします




←左画像
画像中の右(つぼみ)が入荷時の状態です。ここから、左の様に手加減で咲かせます。

.